うつ病SOS

うつ病の原因となる様々なストレス|十分な休息が重要

サポート体制を整える

悩む男性

うつ病の治療を効果的に進めていくためには、家族や職場の方々のサポート体制が重要なポイントになります。サポート体制が整っていれば、患者本人が安心して治療に専念することができるでしょう。

増加するうつ病患者

医者

近年、日本国内においてうつ病患者の数は年々増加している傾向が見られます。うつ病というのは、心の病でも代表的な存在です。この心の病は心的症状だけでなく、身体的症状も現れるといった特徴があります。ここでは、何が原因となってうつ病が引き起こされるのか知っていきましょう。うつ病の原因とされるものには様々な説が存在しますが、特に有名な説はストレスによるものかと思います。ストレスというのは、物理学における「何らかの刺激によって物が歪むこと」を表す言葉です。現在では、ストレスのことを「心や身体に影響を与える刺激や負荷」として使用される言葉になりました。ストレスと一概にいってもその種類は幾つか存在し、種類によって原因は異なります。日本人における主なストレスは、社会的ストレスでしょう。社会的ストレスとは、会社や学校、個人が所属するグループ等、集団生活の中で生じるストレスです。具体的に言えば、仕事・受験・周囲からの期待といったプレッシャー等の心的負荷のことを社会的ストレスと呼び、真面目・几帳面・責任感の強い人は特に感じやすいストレスだと言われています。日本人にはそういった性格の人が多いため、年々うつ病患者の数が増加しているのかもしれません。

社会的ストレスの他にも、うつ病の原因となるストレスは存在します。その他のストレスというのは、心理的ストレスや環境的ストレス、身体的ストレスです。心理的ストレスは不安や自信の喪失といった感情に影響されて生じるストレスのことで、感情を抑制してしまうことも心理的ストレスが生じる原因になります。現代では人間関係の希薄さが問題視されており、自身の感情を伝えられる相手がいないという人も少なくありません。そういった環境の中で社会的ストレスや心理的ストレスを受け続けてしまうと、それだけうつ病を発症しやすくなってしまうのです。環境的ストレスについては、環境の変化によって生じるストレスのことを指します。これは、環境が悪く変化しても良く変化しても、大きな変化であれば生じることのあるストレスです。例えば、結婚して同棲生活が始まると、幸せを感じつつも環境の変化に戸惑いを感じるものでしょう。その感覚がストレスに変わることがあるのです。最後に、身体的ストレスについて説明していきます。身体的ストレスは病気等によって生じるストレスのことで、病気に罹っていること自体がストレスになる可能性があります。病気の他にも、運動不足が身体的ストレスを生じさせることがありますので、運動不足を感じる方は毎日軽く運動することをお勧めします。

早期発見と早期治療

診察

うつ病というのは、放置することによって症状がどんどん悪化していく病気です。症状が悪化するほど治療に掛かる期間が長くなってしまいますので、早期発見・早期治療が重要になります。

うつ病と向き合う

悩む女性

うつ病と上手に付き合っていくためには、休養をとることが重要になります。また、休養をとるためには周囲の理解を得ることが必要不可欠で、そうすることで心身共に休ませることができる環境を整えることができるのです。

様々な種類

女性

うつ病には様々な種類が存在し、その種類によって特徴が異なります。種類と特徴の違いについて理解することによって、自身がうつ病を患ってしまった時や周囲にうつ病を患っている人がいる時に、早期に気づくことができるでしょう。