女性

うつ病の原因となる様々なストレス|十分な休息が重要

早期発見と早期治療

診察

うつ病というのは、症状が現れていたとしても周囲に気づかれづらい病気です。また、周囲だけでなく自分自身、気づかないこともあります。しかし、うつ病に気づかず放置していると、その症状はどんどん悪化していってしまうのです。症状が悪化すると、最悪のケースとしてうつ病患者本人が自殺してしまうかもしれません。もし、家族の方や仲の良い友人の様子がおかしいと感じるのであれば、うつ病の可能性を考えても良いでしょう。ただ、様子がおかしいからといってうつ病であると決めつけてはいけません。まずは、インターネットにて無料で利用できる簡易うつ病診断を活用することをお勧めします。簡易診断では、簡単な質問にチェック形式で回答していくことで、うつ病の症状の度合いを判定することができるものです。精密な診断結果がでる訳ではありませんが、専門の医療機関を受診するきっかけになります。

簡易診断の結果から専門の医療機関を受診することになったのであれば、うつ病患者本人だけで受診させるのではなく家族の方が同伴しましょう。うつ病を患っている人というのは他人に心を開くことが難しい状態となっており、医師によるカウンセリングの受け答えが困難であることが多いのです。また、症状が軽く普通に話せる状態であったとしても、自身の様子の変化というのは自身では中々気づきづらいものでしょう。身近にいる家族の方であれば、その様子の変化について医師に説明することができるはずです。そうすることで、医師はより正確な診断をくだすことができます。このように、家族の方が診察に同伴するというのは、大切なことなのです。もし、専門も医療機関で受けた検査でうつ病だと診断されたのであれば、すぐに治療を開始することをお勧めします。この心の病は、早期発見・早期治療が重要になる病気なのです。治療では抗うつ剤の投薬とカウンセリングが行なわれ、抗うつ剤による投薬治療を受けている間は副作用に耐えなければなりません。症状が重いほど治療期間は長くなりますので、副作用にもより長く耐えなければならなくなるのです。しかし、早期発見により軽い症状の段階で治療を開始することができれば、より早く完治させることができます。